つづき歯科医院
06-6719-1212
  1.  
  1.  

歯周病のページ

むし歯治療のイメージ
  1.  
歯茎のこと
歯周病の真実
歯周病の進行と状態
PMTC

歯茎のこと

歯を失うということは、決してむし歯になるからという理由だけではありません。一番大きな理由は、歯周病なのです。

歯を失う理由

いわゆる歯周病によって歯茎が歯を支えられなくなってしまうため、歯自体は健康でも、その土台がぐらぐらしてしまい、歯を支えられなくなり、歯を失ってしまうのです。 お口の健康を維持するためには、むし歯にならないことと同時に、歯茎を健康に保つことが非常に重要なのです。

歯周病は生活習慣病のひとつです。

歯周病は、糖尿病・脳卒中と同じ生活習慣病のひとつです。

歯周病は細菌感染症のため、歯周病菌が口内を通して全身に巡ることによって、他の疾患の原因になる可能性もあります。

特に、以下の全身疾患と歯周病が関係していることが、研究によって明らかにされています。

  • 糖尿病
  • 感染性心内膜炎
  • 脳や心臓などの血管障害
  • 骨粗鬆症
  • 早産

その他様々な全身疾患も、歯周病との関係性が疑われています。

歯周病は痛みこそありませんが、大変怖い病気なのです。

「もうすこし早く気がついていれば」と後悔なさる前に、一度チェックにお越しください。

歯周病の進行と状態



歯槽膿漏の方が、なじみがおありの方もいらっしゃるかもしれません。歯槽膿漏は歯周病の末期症状ですが、その症状に至るまでの段階もすでに歯周病です。

歯周病とは、その名の通り「歯の周囲の組織に炎症が起こる慢性の病気」です。歯垢、歯石など歯にこびりついたバイオフィルムから発生する歯周病菌に歯茎が感染し、そこから炎症が起こります。 初期の歯周病は虫歯と違ってほとんど痛みもなく、気づかないまま進行します。

歯茎のこと




進行すると歯茎が腫れる、出血する、口臭がひどくなるなどの症状が出始めます。この状態でも痛みなど、自覚症状が出ることは少ないです。

歯茎のこと




しかしさらに放置してしまうと、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)を溶かし、歯ぐきが下がり、やがて歯が抜けてしまいます。これが歯がぐらついたり抜け落ちたりする理由、「歯槽膿漏」です。

歯茎のこと

PMTC

Professional・・・プロフェッショナル(専門家による)

Mechanical・・・メカニカル(機械的な)

Tooth・・・トゥース(歯の)

Cleaning・・・クリーニング(清掃)

つまり、歯のプロが専門の機械を使って行う「本格的な歯のお掃除」です。

ふだんの歯磨きではどうしても残りがちな、歯に付いた汚れを、高度なスキルで完全に落として、キレイにします。その結果として虫歯や歯周病を予防する効果もあります。

つづき歯科医院
〒546-0003 大阪市東住吉区今川3丁目8-29
TEL 06-6719-1212

このホームページに使用の写真・図版は著作権があり無断転用、転載はできません。